servitonerpalencia.com

葬儀のときに用意するべきこととあれば良いアイテムは

葬儀の際の写真撮影が増えています 家族や近親者が逝去してしまったら最期のお別れとして葬儀をしなければなりません。その儀式をやるためには数多くのやらなければならないことがたくさん待ち受けてます。これらの詳細なアドバイスはお葬式を執り行う業者のスタッフが基本的に行ってくれます。まずやるべきことは寝台車でご遺体を自宅または斎場に搬送したら故人の衣装作業となります。この衣装作業では逝去時に着ていた服から生前に着ていた綺麗な衣装に着替えさせられます。ついでにその際に湯灌と書いてゆかんと読む身体を化粧あるいは洗う作業も行われる場合があります。

それが終わると儀式が行われます。しかしその儀式はいきなりお通夜とは限りません。お通夜の前に枕経という簡易儀式が執り行われます。この簡易儀式にはお通夜や告別式同様に住職さんが執り行います。この枕経の際はご遺族や近親者は喪服を着る必要はなく普段着で充分です。この枕経では葉っぱに水をつけて故人の唇にそれを当てて飲ませるという意味で唇を濡らします。この儀式は30分かからないうちに終わりまして次なる儀式としてお通夜となります。このお通夜では喪服を着て儀式が行われます。そして一晩を明かして告別式となります。一晩を過ごすときは線香やろうそくの火が絶えないように見張りをしながら一夜を過ごせ的なことがよく言われますが、近頃はご遺族や近親者の負担を減らすため、また火災防止の観点から線香やろうそくを火で扱うようなことはせず、代替として電気で点灯させるような仕掛けになってるのが用意されて一晩徹夜させるようなことはしないでも済んでるようになってます。そしてその次の日に告別式が行われ、霊柩車で火葬場に向かい荼毘に付されます。それから1ないし2時間すると4人ほどに限定されてスタッフの指示のもとに骨拾いを行い、集められた骨を骨壺に入れて斎場へ再び戻ります。これが基本的な葬儀の流れとなります。

Copyright (C)2019葬儀の際の写真撮影が増えています.All rights reserved.